top of page
アセット 1.png

プログラム・日程表

1日目予定

■ 大会長講演:「日本の近代化のはじまりと看護の発展」 

鈴木紀子

■ 教育講演Ⅰ:「歴史に向き合う-記録の意味を問う」

黒沢 文貴先生

(元東京女子大学教授)

■ 教育講演Ⅱ:「箱根病院の軌跡-医療・看護の発展に繋がる道」

小森 哲夫先生

(国際医療福祉大学小田原保健医療学部学部長)

■ 教育講演Ⅲ:「戦争と精神医療」

中村 江里先生

(広島大学大学院准教授)

■ 教育講演Ⅳ:「看護教育教材・方法の変遷」

岡本 華枝先生

(岐阜聖徳学園大学准教授)

■ 一般演題(口演・示説発表・紙上発表)

*演題登録・抄録提出期間

2023年

演題登録を画面より申し込みください。

■ 理事セッション

2日目予定

■ シンポジウム:「看護の技を未来に繋げる

-コロナ禍で臨地実習ができない中、看護技術をどのように学ばせるか-」

シンポジスト

・川嶋 みどり先生

(本学会理事、医療法人財団健和会臨床看護学研究所所長)

・中川 真帆先生

(聖路加国際病院看護部)

・曽田 陽子先生

(愛知県立大学看護学部基礎看護学 准教授)

3月1日(水)~5月28日(日)

bottom of page